top of page

深志同窓会関西支部 初冬のハイキング【修学院〜比叡山〜坂本】


日時:2019年12月7日(土)くもり

参加者:青木、子林、中野、赤羽、浅輪(記)


叡電修学院駅を降り、散り始めた紅葉を踏みしめながら鷺森神社の参道を上がり、まずは安全祈願。少し行くと比叡山への登山口である「きらら坂」の標識がありました。ここから山頂まで一気に700m近く上り詰めます。

急な山道を進むとすぐに汗が吹き出てきました。この辺りも昨年の台風で山が荒れたようで倒木が目立ちます。急坂の途中にあらわれる見晴らしスポットからは京都の町並みが一望でき、さらに登ると今度は琵琶湖の遠景が覗きます。ケーブル駅が見えると急坂は終わり、なだらかなスキー場跡を過ぎ、湖西の山群が見える広場で昼食を広げました。2時間半の行程でした。


このあとは山頂はパスし、延暦寺境内を通って坂本まで山道を下ります。延暦寺では国宝「根本中堂」が60年ぶりの大改修中ですが、10年かけての大改修工程を足場の中に入って見学することができました。大きな扉や柱の漆や彩色がきれいに剥ぎ取られてあり、銅板やとち葺きの屋根葺き替えの模様がたいへん興味深かったです。今回は軽めのコースで、皆さん足取りも軽く山を下りました。坂本の日吉大社参道の紅葉が今日いちばんの美しさでした。名物の蕎麦を有形文化財指定の本家「鶴㐂そば」でいただき解散。今年も無事に支部山行を楽しむことができました。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年の支部活動報告掲載しました

会員ページに掲載しました 23年度の活動状況と今年の11月の総会、6月の歓迎会のご案内を記載してます どうぞご覧ください

総会参加者の感想を掲載します

70回卒社会人1年目の方と、深志よりも3年早く創立した岐阜高校卒の現役院生のご感想を掲載します この度卒業生の叔父の紹介によりご縁をいただき、こちらの同窓会に参加させていただきました。西村先生のご講演「深志の自治」やご卒業生の方とのお話の中で松本深志高校について理解を深めることができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。 交流の中で特に感銘を受けたことといたしまして、松本深志の「自治」という

Comentários


bottom of page